コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

森友文書”改ざん”「損害賠償認めた」

財務省の決裁文書改ざん問題で自殺した近畿財務局の元職員・赤木俊夫さんの妻・雅子さんが国と当時の理財局長に損害賠償を求めた裁判で、磯崎官房副長官は「国の責任は明らか」として、国として請求を受け入れることを明らかにしました。

国が請求を認めたことを受けて岸田総理大臣が15日午後、総理官邸で取材に応じました。

岸田総理大臣:「財務省において、損害賠償について全面的に認めたものである。詳細については財務大臣の方で発言させて頂くということで用意を進めている」