コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

大阪 北新地のビル火災 24人死亡 殺人と放火の疑い

17日午前10時20分ごろ、大阪市北区曽根崎新地の「堂島北ビル」で、「4階が燃えている」と複数の人から119番があった。大阪市消防局によると、28人が負傷し、このうち27人が心肺停止。大阪府警によると、24人の死亡が確認された。現場にいた男の所持品から出火したとの情報があり、府警は天満署に捜査本部を設置し、殺人と現住建造物等放火の疑いで捜査している。

府警や消防によると、火災があったのは英会話スクールやネイルサロンなどが入る8階建ての雑居ビル。4階の「西梅田こころとからだのクリニック」が出火元とみられ、ホームページによると、心療内科と精神科、内科があり、17日は午前10時から診療開始だった。心肺停止となった27人はいずれも4階から救出された。府警によると、亡くなった24人は男性14人、女性10人。

焼けたのは約25平方メートルで、約30分後にほぼ消し止められた。府警によると、男は50~60代くらいで、クリニックを訪問し、暖房器具付近に紙袋を置いてけり倒した。その際に紙袋から液体が漏れ、引火したとの目撃情報がある。府警は男が出火現場にとどまっていたとみて調べている。

不動産登記簿によると、現場のビルは1970年築で、4階の床面積は92.95平方メートル。消防法上の複合用途防火対象物に該当するとみられる。同対象物は屋内消火栓の設備や防火管理者の選任などの対策が法的に義務付けられている。消防は防火上の不備がなかったかどうかなどについて調べている。

現場はJR大阪駅近くの繁華街・北新地で、飲食店ビルなどが立ち並ぶ一角。通行人や車も多い道路に面しており、周辺にはオフィスビルも多い。消防車70台以上が出動して消火や救助活動にあたった。

火災があった大阪市北区のビル(中央)=17日午前
火災があった「堂島北ビル」を調べる消防隊員(17日午後、大阪市北区)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA