コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

米ニューヨーク コーネル大 903人コロナ陽性

(CNN) 米ニューヨーク州のコーネル大学で、今月7~13日にかけて学生の間で新型コロナウイルスの症例903例が報告された。大学によると、ワクチン接種を完了した学生が「極めて高い割合」でオミクロン変異株に感染している。 「オミクロン変異株が検出されたのは、実質的に全症例が、ワクチン接種を完了した学生だった。一部はブースター(追加)接種を受けていた」と大学側は説明する。

これを受けて同大はニューヨーク州イサカのキャンパスを閉鎖し、学期末の最終試験は全てオンラインでの実施に移行、活動やスポーツイベントなども全て中止され、図書館は閉鎖された。

ただ、今学期が残りわずか数日となった時点でのキャンパスの閉鎖は、あくまで慎重を期すための措置だとポラック学長は強調。「これまでのところ、感染した学生に重症者はいない。しかし我々には、地域社会での感染拡大を抑えるために果たすべき役割がある」とした。 コーネル大学の授業の最終日は12月7日だ。