コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

【ナゼ?】期限切れワクチンを“大量廃棄” ナイジェリア

接種に消極的な人も多く、これまでに接種を完了した人が、わずか2%にとどまる西アフリカ・ナイジェリア。期限切れとなったワクチン100万回分以上が廃棄処分されました。

22日、西アフリカのナイジェリア。大量のワクチンがトラックの荷台から勢いよく落ちていき、押しつぶされていました。期限切れのワクチン100万回分以上が廃棄処分されました。

BBCなどによりますと、アフリカ諸国では、最近になって先進国から在庫のワクチンの寄付が相次ぎ、中には使用期限が迫っているものもあるため、配布が間に合わない事態が急増。さらに接種に消極的な人も多く、大量に余ってしまったといいます。

ナイジェリアでは、これまでに接種を完了したのはわずか2%です。

WHO(=世界保健機関)も、アフリカなどでの種率の低さに危機感を示しています。

WHO テドロス事務局長
「(全ての国で)年末までに人口の40%にワクチンを接種する目標を達成できたのは、WHO加盟国の半数にとどまっている」

また、テドロス事務局長は、世界で1日に接種されるワクチンのうち、20%を先進国などでの追加接種が占めていると指摘しました。
(2021年12月23日放送「news every.」より)

#ナイジェリア #新型コロナウイルス #ワクチン #日テレ​​ #newsevery #ニュース​​ 

◇日本テレビ報道局のSNS
Facebook https://www.facebook.com/ntvnews24
Instagram https://www.instagram.com/ntv_news24/?hl=ja
TikTok https://www.tiktok.com/@ntv.news
Twitter https://twitter.com/news24ntv

◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS 24 HP
https://www.news24.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA