コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

【ワクチン接種】5~11歳は無料接種 保護者の“努力義務”見送り 厚労省

5歳から11歳の子どもを対象とした新型コロナワクチン接種について、厚生労働省は、接種を保護者の「努力義務」とすることを見送りました。

厚労省のワクチンに関する専門家会議は10日、新型コロナワクチンの5歳から11歳の子どもへの接種について、予防接種法上の「臨時接種」と位置づけ、全額公費でまかなう無料接種の対象とすることを了承しました。

保護者に対して接種の「努力義務」を課すことついては、オミクロン株による子どもの発症や重症化をワクチンでどの程度防げるか最新の知見を踏まえて、改めて議論することとし、見送られました。

5歳から11歳を対象としたワクチン接種は、3月にも本格的に始まります。

一方、これまで、「努力義務」の対象外だった妊婦のワクチン接種については、最新の科学的知見を踏まえて「努力義務」の対象としました。

#ワクチン #新型コロナウイルス #日テレ #newsevery #ニュース

◇日本テレビ報道局のSNS
Facebook 
Instagram 
TikTok 
Twitter 

◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA