コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

アストラゼネカ製コロナワクチン 4000万回分をキャンセル 厚労省

アストラゼネカ社の新型コロナワクチンについて、厚生労働省は購入契約の3分の1にあたる4000万回分を「キャンセルした」と明らかにしました。

イギリスのアストラゼネカ社のワクチンは、接種後、ごくまれに血栓ができるなどの報告があることから、日本での接種は原則40歳以上に限られています。

厚生労働省によりますと、アストラゼネカ社との間では1億2000万回分のワクチンを購入する契約を結んでいますが、接種を希望する人はほとんどいない状況で、これまでに自治体などへ供給されたのはおよそ20万回分にとどまっています。

こうした状況を受けて厚労省は、すでに4000万回分をキャンセルしていたことを、きのう、国会での質問に対し明らかにしました。キャンセル料の有無については「秘密保持契約がある」として明らかにしていません。

残る8000万回のうち、4300万回分は海外の途上国などに供与したということです。
(11日22:13)

#新型コロナ #アストラゼネカ製 #ワクチン
#COVID19 #新型コロナウイルス

▼TBS NEWS 公式サイト

▼TBS NEWS 公式SNS    
◇Twitter     
◇Facebook    
◇note    
◇TikTok    
◇instagram  

▼チャンネル登録をお願いします!

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA