コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

ワクチンの空輸「ロシア上空を回避」 堀内大臣(2022年3月8日)

 ワクチンはロシア上空を避けて空輸されるということです。

 堀内ワクチン大臣:「製薬会社と航空会社が連携してロシア上空を回避して空輸することによって、我が国に確実にワクチンが輸入されるようにご努力頂いています」

 堀内大臣は新型コロナウイルスワクチンがヨーロッパからロシア上空を避けるルートで空輸されるものの、予定通り供給されるという見通しを明らかにしました。

 そのうえで、自治体や医療機関などには「安心して接種を進めて頂きたい」と呼び掛けています。
[テレ朝news]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA