コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

ワクチン反対デモ隊を装甲車で排除 国境の橋再開へ(2022年2月14日)

 ワクチン義務化に反対するトラック運転手らのデモで、封鎖されていたカナダとアメリカの国境の橋からデモ隊が排除されました。

 カナダのオンタリオ州とアメリカのミシガン州に架かるアンバサダー橋では13日、装甲車を含む50台以上の警察車両が出動し、橋を封鎖していたデモ隊の排除に乗り出しました。

 ウィンザー警察は数名を逮捕したと発表しています。

 橋を封鎖していたデモ隊と車両は排除され、一般の通行が再開される見通しです。

 11日にはオンタリオ州で非常事態宣言が出され、命令に従わない場合900万円以上の罰金を科す方針も示されました。

 トラック運転手らによるデモは13日で17日目を迎え、橋の封鎖による損失は自動車産業だけで900億円程度に上るとみられています。
[テレ朝news]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA