コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

ワクチン3回目接種 接種間隔を短縮する方向で調整

政府は、新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種をめぐり、これまで「原則8か月」としていた接種間隔を、医療従事者などを「6か月」に、一般の高齢者についても「7か月」に短縮する方向で調整していることがわかりました。

 政府は新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種について、これまで「原則2回目から8か月以上」としていた2回目との接種間隔をできる限り短縮する方針を示しています。複数の政府関係者によりますと、▼医療従事者や長期の入院患者、高齢者施設の入所者などは「6か月」に、▼一般の高齢者についても「7か月」に短縮する方向で調整しているということです。

 岸田総理はきょう夕方に、こうした3回目のワクチン接種の前倒しの方針を表明する予定です。(17日13:08)

▼TBS NEWS 公式サイト
https://news.tbs.co.jp/index.html

▼TBS NEWS 公式SNS
◇Twitter  https://twitter.com/tbs_news?s=20
◇Facebook  https://www.facebook.com/tbsnews
◇note  https://note.com/tbsnews
◇TikTok  https://www.tiktok.com/@tbsnews?lang=ja
◇instagram  https://www.instagram.com/tbsnews_insta/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/tbs-insiders/

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/toukou/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA