コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

子宮頸がんワクチン接種 “積極的呼び掛けの再開”認める

健康被害が相次いだことから国が積極的な接種の呼び掛けを中止している子宮頸がんワクチンについて、厚生労働省の専門部会は、予防接種の積極的な呼び掛けを再開することを認めました。

 子宮頸がんワクチンは、2013年の4月に、小学6年生から高校1年生の女子を対象として予防接種が始まりましたが、接種後に体の痛みを訴えるなどの健康被害が相次いだため、同じ年の6月に積極的な接種の呼び掛けを中止しました。しかし、海外で行われた調査では安全性や有効性について確認されていることから、厚労省できょう開かれた専門家による部会で、子宮頸がんワクチンの積極的な接種の呼び掛けを再開することが了承されました。

 今後、接種を検討するために必要な情報をリーフレットなどで周知していく予定で、接種した後に症状が出た場合、各都道府県と医療機関が連携し、相談窓口を設けるなどの適切な対応をとるべきだとしています。また、部会では今後、定期的な接種が中止されていたことにより接種の機会を逃した人への対応も、検討する方針です。(12日17:39)
▼TBS NEWS 公式サイト
https://news.tbs.co.jp/index.html

▼TBS NEWS 公式SNS
◇Twitter  https://twitter.com/tbs_news?s=20
◇Facebook  https://www.facebook.com/tbsnews
◇note  https://note.com/tbsnews
◇TikTok  https://www.tiktok.com/@tbsnews?lang=ja
◇instagram  https://www.instagram.com/tbsnews_insta/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/tbs-insiders/

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/toukou/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA