コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

小児用ワクチンを大規模接種会場へ配送 3月5日に5歳から11歳への接種開始に向け 愛知 (22/02/28 11:40)

愛知県の大規模接種会場で3月5日から始まる、新型コロナワクチンの小児接種に向け、ワクチンが各会場に配送されています。

 愛知県では3月5日から、大規模接種会場で5歳から11歳の子どもへの新型コロナウイルスワクチンの接種が始まります。

 このうち、愛知県豊山町の「県営名古屋空港ターミナルビル」には、28日午前10時半ごろ、小児用の「ファイザー社製ワクチン」300回分が運び込まれ、ディープフリーザーに保管されました。

 愛知県は、県が運営する6か所の大規模接種会場のうち、県営名古屋空港など4か所で、週末を中心に小児への接種を行う予定で、28日は合わせて1200回分のワクチンが各会場に配送されます。

 大規模接種会場での小児接種の予約は2月25日から始まっていて、28日午前8時現在の予約率は12パーセントとなっています。

——————
■そのほかの東海地方のニュースは「CBCニュース」にて配信中。

■LINE NEWSでもニュース配信中。友だち登録はこちらから。

■東海地方のニュース・速報 配信中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA