コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

小児用ワクチンを誤って接種 12歳以上の4人に 愛知・西尾市(2022/5/10)

愛知県西尾市によりますと、5月8日に西尾市保健センターで行われた新型コロナワクチンの2回目接種で、12歳から20代の男性4人に、誤って5歳から11歳までの小児用のファイザー製ワクチンを接種したということです。

4人に体調の異変は確認されていません。

翌日の9日にワクチンの在庫を確認してミスが分かったということです。

小児用と一般用ではキャップの色が異なりますが、冷凍庫から取り出す際や注射器に充填する際に、確認を怠ったことが原因とみられています。

西尾市は再発防止を徹底したいとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA