コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

米 新型コロナワクチン4回目接種 規制当局が承認

アメリカの規制当局は、ファイザー製とモデルナ製の新型コロナウイルスのワクチンについて、50歳以上などを対象に4回目の接種を承認しました。

アメリカのFDA=食品医薬品局は29日、ファイザーとモデルナがそれぞれ開発した新型コロナワクチンについて、時間の経過とともに効力が低下することなどを考慮し、4回目の接種を承認すると発表しました。

対象は50歳以上の人と特定の免疫機能が低下している人で、3回目の接種から4か月以上経過していれば接種ができるということです。

アメリカでは、オミクロン株が蔓延した今年1月のピーク時に比べて感染状況は大幅に改善しているものの、オミクロン株の亜種で感染力が高いとされる「BA.2」の拡大が懸念されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA