コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

老化細胞除去ワクチンを開発し 加齢関連疾患の治療に役立てる

記事の詳細はこちら→

【研究ブランディング事業】
超高齢社会を迎えた現代の日本において、生活習慣病である糖尿病やアルツハイマー病など加齢関連疾患の新たな治療法の確立は、大きな課題となっています。そのなか、順天堂大学大学院医学研究科循環器内科の南野徹教授らの研究グループは、加齢関連疾患への治療応用を可能にする老化細胞除去ワクチンの開発に成功しました。老化細胞と加齢関連疾患の関連性とは? また、なぜワクチンなのか? 代表研究者の南野教授に話を伺いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA