コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

職場接種「500人以上」に緩和 ワクチン3回目接種加速へ

後藤厚生労働相は、新型コロナワクチンの3回目の追加接種を加速するため、職場での接種の実施申し込みの要件を、現在の1会場あたり1,000人以上から、500人以上に緩和すると発表した。

職場での3回目のワクチン接種をめぐり、これまで政府は、実施の申し込み要件として、1会場あたり1,000人以上の接種を求めていたが、より少ない規模での実施を希望する企業が多かったことなどから、後藤厚労相は、500人以上に緩和すると発表した。

また、アメリカのファイザーが開発した新型コロナの飲み薬「パクスロビド」のあわせて200万人分の供給について、1月31日に最終合意したことも明らかにした。

薬事承認された場合には、4万人分をすみやかに納入するとしている。

FNNプライムオンライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA