コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

肺炎球菌ワクチン接種予定の男性に誤って新型コロナワクチン打つ 三重県四日市市の医療機関 (22/05/06 18:38)

三重県四日市市内にある医療機関で4月、肺炎球菌のワクチンを接種予定だった男性に対し、医師が誤って新型コロナのワクチンを打っていたことがわかりました。

 四日市市によりますと4月30日、市内で新型コロナワクチンの個別接種をしている医療機関で、肺炎球菌ワクチンを接種する予定だった60代の男性に対し、医師が誤って新型コロナワクチンを打ったということです。

 2種類のワクチンのシリンジは、それぞれ別のトレーに置かれていましたが、医師が取り違えたということで、打った直後に医師自身が、トレーに残ったシリンジを見て打ち間違いに気づいたということです。

 60代の男性は2月までに新型コロナワクチンの3回目接種を終えていて、今のところ、体調に変化はないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA