コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

ワクチン接種3日後に死亡 遺族の思い

2021年6月、東海地方に住む75歳の男性が新型コロナワクチンの1回目を接種した3日後に急死しました。

男性には持病があったものの日々の生活に影響はほとんどなく、農作業をするなど元気に過ごしていました。

(大石アナ)「ずっとお元気だったんですか?ご主人は」
(男性の妻)「はい、元気でした。」

(男性の息子)
「持病はあるものの生活にはそんなに支障はない程度。血の巡りが悪くなると肺に水が溜まるみたいな感じで。慢性的な肺炎」

男性は主治医と相談の上、2021年6月下旬に1回目のワクチン接種(ファイザー製)を受けました。接種した医師に男性の当日の様子を尋ねると、特に変わった様子はなかったといいます。

(接種した医師)
「元気いっぱいですよ。普通ですね。(接種後)15分待ってもらったけど何ともなかったと。普通に帰っていきました」

■接種2日後に発熱 その後容体が急変

接種直後は異常がなかったという男性。ところが2日後、38℃の熱で寝込んでしまいました。

(男性の息子)
「本人に『医者行った方がいいのでは?』と言ったんですけど、『いや、大丈夫。ワクチンはこういうものだから大丈夫、問題ない』と。その言葉で『まぁいいか』と私たちも思ってしまったのが、ちょっと失敗だったかなとは後悔はしていますけど…」

そして、発熱した翌日。

昼食をとった後に異変が起きました。

(男性の妻)
「食事をしてから薬(解熱剤)を飲んだんですよ。それから5分ぐらいしたら気分が悪くなったって言って。『ちょっとトイレに行ってくるわ』って行ったんです」

男性は一人で離れにあるトイレに行きました。

しかし、しばらくするとトイレの方から「う~」といううなり声が聞こえ始めたため、妻が慌ててトイレに駆け付けました。

(男性の妻)
「座っているもんで『お父さん大丈夫、大丈夫?』って。救急車、救急車も、もう番号が思い出せなくてね…もたれていましたわ。もうびっくりました。本当にびっくりしました」

男性はトイレに腰掛けた状態で、すでに息をしていませんでした。

すぐに病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA