コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

5歳~11歳ワクチン接種「待った!」の声も

大阪府内の就学児の新規感染者数は全体の数に比例して増えています。政府は、3月から5歳から11歳へのワクチン接種を始める方針ですが専門家の意見は分かれています。
【富山大学附属病院 種市先生の話】
「全国の情報共有の中でも(子どもの)重症例が極端に増えたという話は聞いていない。接種するメリットとデメリットを比べた時にそこまでメリットが大きいのかという疑問がずっと続いているので今は"待機”と考えている」
欧米の短期的なデータを元に決めていいのか?ただ、重症化予防のために基礎疾患のある子どもには主治医が判断して打つべきと話します。

種市先生は子どもにコロナワクチンを推奨するならもっと別のおたふくかぜなどのワクチンを定期接種化するべきとも話していました。

#ワクチン接種 #重症例 #重症化予防 #基礎疾患 #おたふくかぜ #富山大学附属病院

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
やさしく・わかりやすくお伝えする「やさしいニュース」や
スポーツ、日本経済新聞社とのコラボ企画など日々、配信中!

【チャンネル登録】

【SNS】
▶Twitter  
▶Facebook 
▶TikTok  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA