コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

6/12まで 「ワクチン接種」と「ロシア革命」の共通点

2,434名が購入した
河添恵子先生と馬渕睦夫元ウクライナ大使の
人気講座を好評につき、

55%OFFキャンペーンを
実施することにしました^ ^

ココから詳細を確認する

6月12日(日)までの
4日間限定で、

「ロシア革命の真実」を
暴いた無料ビデオを公開しています。

ぜひ、
消えてしまう前にお早めにご覧ください。

*画像をクリック!

あなたは、、、

2019年12月に中国の武漢市で
第1例目のコロナウィルス感染者が報告される…

その13年も前から、
ワクチン接種のシナリオが
計画されていたことを知っていますか?

その悪魔的な計画は、
「影の世界政府」とも呼ばれる
「ビルダーバーグ会議」で決定され、

2006年に書かれた小説
『ビルダーバーグ倶楽部』
によって暴露されました。

(出典:amazon)

「世界経済フォーラムの主要な目的は、
 全人類に予防接種を打つことだ。」

*重要なことなのでもう一度言います。
 これは今から15年も前の2006年に書かれたものです。

この本の著者である
ダニエル・エスチューリン氏は、
ソ連出身のジャーナリストで、
父はKGBの部長を務め、
1950年代は対敵諜報部員をしていました。

その関係でKGBをはじめ、
MI6やCIAからも多くの情報が得られ、

著者はどのジャーナリストよりも
信憑性の高い詳細な機密情報を
得ることができるのです。

そのため何度も彼は命を狙われています…

そんなダニエル・エスチューリン氏は、
最近のツイッターでもこのように言っています。

「ビルダーバーグ会議の決定に従い、
 各国政府への工作、
 メディアによる世論操作が発動され、

 最終目標は、
 世界統一政府(ニューワールドオーダー)の樹立で、
 人体チップ・GPSでの監視、
 人口抑制などを企んでいる。」

そして、このビルダーバーグ会議には、
ロスチャイルド家やロックフェラー家、
欧州の全王室などが参加し、

世界に非常に影響力のある人物が
関わっていることは明らかです。

さらには、
ビル・ゲイツ夫妻や
米大元国務長官である
ヘンリー・キッシンジャーなども
常連のメンバーなのです。

つまり、
ビルダーバーグ会議は、、、

世界の全ての人間を管理しようと企む
共産主義者の巣窟で、

彼らは、コロナ禍より前に
アフター・コロナの統治計画の大枠を整え、
今その計画が進められているというわけです…

このようなことを言うと、
「陰謀論だ」と
片付けられてしまいがちですが、

本当にそうなのでしょうか?

もし陰謀論ならば、
現在日本で起きている、

個人情報を管理する“マイナンバー”や、

人の移動の自由を決定づける
“ワクチンパスポート(ワクチン接種証明書)”の
導入などの管理社会への体制が

日本でも進められている事実を
どう説明できるでしょうか…?

このような、
アフターコロナの統治計画について
元ウクライナ大使の馬渕氏は
このように言います。

「現在の世界は共産主義に支配されている。
 その共産主義の構造を造った
 ロシア革命を読み解けば
 今、世界に起きている出来事がわかるのです。」

・一体、なぜ馬渕元大使はこう言い切れるのでしょうか?
・一体、鍵となるロシア革命は何だったのでしょうか?
・一体、共産主義者がどのような手段で、世界を支配してきたのか?

そこには、
ロシア革命はワクチン接種と同じように
ある目的のために
裏で手を引いてた人達がいるのです…

>今すぐロシア革命の真実を知る

共産主義者がどのような手段で、
歴史を塗り替え、
世界を支配してきたのか?

なぜ、
今も共産主義思想は生き続けているのか?

共産主義思想から抜け出し、
日本人として誇り高く
生きるために制作したのが

こちらの
『9割の日本人が知らない共産主義の正体
 -世界の革命史編』
となります。

ぜひ一度、
「河添恵子×馬渕睦夫」の
共同タッグで制作した
この講座を受講してみてください。


>詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA