コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

【癌を※※※でデトックス】という新しい概念/誰か研究にトライしてください。数億あれば出来ると思います。

否定者もいるでしょう。
でも否定するためには、否定するために実証をしなくてはいけません。
否定者はぜひ、否定するために実証してください。
でないと否定はできません。

●参考文献

高度消毒技術としてのローズチタニアUVシステム

FUJITSU 光触媒技術

癌×真菌

癌×ゾー●

癌×イベ●●チン
2017年に、医学誌 Biochemical and Biophysical Research Communications に発表された研究では、イベルメクチンが正常な腎臓細胞を保護しながら腎細胞ガン(RCC)を優先的に治療することがわかった。腎細胞ガン腫瘍の成長は、ミトコンドリアの生合成を増加させながらミトコンドリアの機能障害と酸化ストレスを誘発するイベルメクチンによって遅延した。

2018年には、医学誌 Molecular Medicine Reports 誌に発表された研究で、イベルメクチンが MDA-MB-231 ヒト乳ガン細胞の幹細胞集団を優先的に標的とすることがわかった。メキシコ国立がん研究所は以下のように述べている。

同じ 2018年に、やはりメキシコから発表された医学誌 American Journal of Cancer Research に発表された別の研究は、イベルメクチンが抗腫瘍療法として「再配置の有力な候補」であると決定された。

 2014年に、医学誌 EMBO Molecular Medicine で発表された以前の研究では、イベルメクチンが腸ガンと肺ガンの両方に関係している WNT-TCF 標的の発現を阻害することが同様に発見された。イベルメクチンは、明らかな副作用を引き起こすことなく、TCFに依存しない異種移植片の成長を選択的に阻害する。

2020年に、Pharmacological Research に発表された研究により、イベルメクチンは、乳ガンの腫瘍微小環境を調節することによって、ガン細胞の死を促進する薬剤として特定された。

2020年に EPMA Journal に発表された研究では、イベルメクチンが卵巣ガンの特定の標的に当たり、卵巣ガン細胞を抑制することがわかった。イベルメクチンは卵巣ガンに非常にうまく機能したため、研究者たちは、卵巣ガンの個別化医療(PPPM)としても知られる個別化薬物療法を行うために使用できると述べている。

7)メキシコ国立がん研究所の研究者たちは、同じ年にイベルメクチンが、ガン細胞生存率とガンのコロニー形成能力の両方を低下させることを発見した。 

2021年に医学誌 Frontiers in Pharmacology に発表された研究は、イベルメクチンが ROS産生を増加させ、S期の細胞周期を阻害して結腸直腸ガン細胞を阻害すると結論付けた。

2021年に、医学誌 BMC Cancer に発表された研究では、イベルメクチンがミトコンドリア機能障害を誘発し、NF-βBシグナル伝達を抑制して、アポトーシスを促進することにより、食道扁平上皮ガン(ESCC)細胞の増殖を阻害することがわかった。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA