コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

“抗体をすりぬけやすい”オミクロン株「BA.5」 “3回目未接種者”今からでもワクチン打つべき?医師が解説|TBS NEWS DIG

今後、新型コロナの主流になると予測されているオミクロン株の亜種「BA5」。第6波以降に主流だったオミクロン株「BA1」「BA2」と比べて感染力が強く、交代をすり抜けやすい特徴があるため、ワクチンの効果が“低い”と言われています。

世間では「3回目ワクチン効かない?迷う」「BA5には効かない。矛盾を感じる」などと疑問視する声も。ワクチン未接種の人はこれからでも接種をするべきなのでしょうか?医師による解説です。

■「BA.5」ワクチン効かない?接種必要?

井上貴博キャスター:
ワクチン3回目の接種率(7月8日公表総理官邸HPより)は全体で62.1%。年代別で見ると

12~19歳▼31.0%
20代▼45.9%
30代▼49.6%
40代▼58.7%
50代▼76.1%
60~64歳▼82.9%
65~69歳▼82.5%
70代以上▼90%以上
(7月4日時点)

やはり皆さん、副反応のリスクと感染したときのリスクを天秤にかけて判断してらっしゃるということで30代以下ですと5割を切ってくるという形になります。

そこで、次の波が来ている、検査・陽性者が増えている中でワクチン接種をどう考えるべきなのか。

第6波(前回)の初期に流行したのは、「BA.1」でした。現在の流行が「BA.2」、そして置き換わりが進んでいると言われるのが「BA.5」です。

その特徴は…もちろん感染力が強いものが生き残りますので、感染力が「強い」ということは言えそうです。

ワクチンによる感染予防効果に関しては「低い」と言われている重症予防のために打つのか、感染予防のために打つのかこのあたりで考え方を変わりそうですが。

米・ハーバード大学などの研究によりますと「BA.1」「BA.2」今までのものと比べると3分の1程度まで感染予防効果は減少している研究成果が発表されています。

アメリカでは、オミクロン株に対応したワクチンの開発が進んでいます。米・FDA(食品医薬品局)は、製薬会社に対して「BA.5」に対応したワクチンの開発が勧告されていて、現地メディアによるとファイザー・モデルナ社のワクチンを秋までに準備できる見通しと言われています。

ですがどうでしょう、秋の頃にはもう次の変異が始まっていることも想像に容易いわけですので、イタチごっこというのは今後も続いていきそうです。

ホラン千秋キャスター:
秋までに準備したとしても、ワクチンを世界的に広めるということになりますとさらに時間がかかるわけですよね。

東京歯科大学市川総合病院 寺嶋毅医師:
そうですね。ですから、国内の第7波には当然間に合いませんし、秋も国内ではいつからの摂取できるかっていうこともまだ不透明だと思います。

■医師に聞く接種した方が良い人とは?

ホランキャスター:
3回目まだどうしようというふうに悩んでいる方もいらっしゃると思いますがそういった方に対して寺嶋さんはどのようなアドバイスされるんでしょうか?

寺嶋医師:
2回打って半年以上経ってる人ってのは感染予防効果はほぼゼロですけど、オミクロン株になって重症化も少ないということもあります。

ですから、ワクチンの副反応に対して打つメリットがどこにあるかですけども、感染したときに症状が軽くて済むとか、後遺症が少なくて済むというメリットがあります。

重症化に関しては、自分の周囲に高齢者がいたり、その高齢者が入院あるいは重症化になってしまうようなリスク、自分がうつしてはいけない人がいるかどうかということだと思います。

ホランキャスター:
佐藤さんは、2年半くらい新型コロナウイルスと私達付き合ってきてどんなものなのかどんどん変異を重ねていくということもわかりました。このフェーズで政治・政府が行うべき決断対策っていうものは、どういったものが求められると思われますか?

東京都立大学佐藤信准教授:やはりここまで長くなってくると、どうしてもマンネリ化ってのは避けられないわけでして、その中でやっぱり重要なのは、ロードマップをいかに見せていくかっていうことだと思うんですね。つまり、ずっと我々はマスクを着けていて、海外の人たちは付けていなくて我々は、いつ外せばいいのか?っていう、わからない状況なわけですね。

どういうふうにワクチンの状況が変わったら、どれぐらい感染者が減って、どの段階だったらマスクを外せるようになるのか?とか長期的に見えてこないと、特に若い人たちにとって、どういうメリットがあるんだろうっていうのは考えにくいのかなと。

特に今回感染拡大が始まってしまって全体で押さえ込まなきゃなってポイントになってきてるわけですから、これまでの知見を活かして、科学的にちゃんと根拠がある形でロードマップをしっかり示していくということは、新しく今回新任された政権が考えてほしいと思います。

ホランキャスター:
今わかっていることだけで、状況が変わらないのであればロードマップって作りやすいのかなとも思うんですけど状況が変わっていく中でロードマップを示すということが難しいという側面もあるんですか?

佐藤准教授:
…()

▼TBS NEWS DIG 公式サイト 

▼チャンネル登録をお願いします!

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA