コロナ・ワクチンのイベント無料掲載サイトはこちら

「ワクチン危険」病院や学校に侵入してメモ残す

  「コロナワクチンの危険情報」などと書いたメモを病院の玄関に貼った疑いで、無職の男を書類送検。

 書類送検された大阪・枚方市に住む無職の50歳の男は、2021年9月、枚方市の病院に侵入し、「コロナワクチンの危険情報」などと書いたメモを、玄関ガラスに貼りつけた軽犯罪法違反と建造物侵入の疑い。

警察によると、男は10月にも、枚方市内の中学校に「コロナワクチンを打ってはダメ」などと書いたメモを置いたという。

枚方市では、同様の被害が10件以上寄せられている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA