【注意喚起】新型コロナワクチン接種で「がん」全身転移の真実とは?PET(ペット)検査の偽陽性の可能性

コロナワクチンの接種後に、がんの全身リンパ節への転移が疑われた症例の報告が増えています。これは、PET検査の偽陽性(本当はがん転移ではないのに陽性だと判定されること)が原因とのことです。「ワクチン接種後にがんが全身転移する」という情報の背景には、こういった検査の偽陽性による誤診が関係している可能性があります。

#COVID19 #新型コロナワクチン #がん患者 #癌転移 #がん進行 #モデルナ #ファイザー #ワクチン後遺症 #リンパ節転移 #乳がん #わきのリンパ節 #PET検査

過去の動画を調べたい人は→
【サイト】がん情報チャンネル(過去の動画をまとめて分類しています)

がんの情報はブログやツイッターでも発信中

【ブログ】がんをあきらめない人のための情報ブログ 
【ツイッター】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA