【新型コロナ】5歳から11歳へのワクチン3回目接種「臨時接種」へ 厚労省分科会

新型コロナウイルスのオミクロン株に対応する新たなワクチンは、今月半ばにもまずは高齢者らの4回目接種に使われることが決まりました。

オミクロン株BA.1に対応するワクチンについて、厚生労働省のワクチン分科会は、今月半ばをめどにまずは高齢者と基礎疾患がある人の4回目接種に使いはじめ、自治体の判断で、10月以降は、12歳以上のすべての人の3回目、4回目の接種に使えるという方針を了承しました。

ただし専門家や厚労省は従来型のワクチンでも効果があるとし、重症化リスクがある人には早い接種を推奨しています。

加藤厚労相「接種時期が到来した際に(オミクロン対応ワクチンを待たずに)速やかに接種を受けることが重要である」

分科会は、また、従来型のワクチンを使う5歳から11歳への3回目接種について、無料で受けられる「臨時接種」とすることも了承しました。

強制や義務ではないものの、「努力義務」とし、早ければ来週にも、接種が始まります。

分科会は、子どもの感染が増え、基礎疾患がない子どもの重症化も増えているとして、接種を呼びかけています。
(2022年9月2日放送)

#新型コロナウイルス #オミクロン株 #ワクチン接種 #厚労省分科会 #日テレ #ニュース

◇日本テレビ報道局のSNS
Facebook 
Instagram 
TikTok 
Twitter 

◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA